グルメ・クッキング

2012年8月 2日 (木)

グリーンカーテンでパーティ(ゴーヤ料理)

 7月29日(日)の午後6時頃から、「立命館大学乾ゼミ真野班のOB・OGと真野住民との同窓会」を開きました。ゼミ一期生から10年以上離れた仲間たちと、真野の仲間たちが、ゴーヤをもぎって料理をつくり、午後10時ごろまで懇談しました。遠くは栃木県から駆けつけてくれた卒業生もいました。

Photo_13 Photo_14 Photo_15 Photo_16

(乾先生のコメント) 真野と乾ゼミの関わりは95年から。まだ正規の乾ゼミが始まる前から復興まちづくりのお手伝いで通い始め、その後は地域の学び場としてずっとゼミ生をあたたかく受け入れていただいています。

Photo_17 Photo_18 Photo_19 Photo_20  

その真野の皆さんが、新しくできた自治会館の日除けグリーンカーテンのゴーヤが実ったからというステキな口実で、歴代の真野班に声をかけて同窓会を開催してくれました。当日はゴーヤの収穫から始まり、いつも以上に豪華な食事とお酒(朝からみんなで準備していただいたそうです)…社会人となり親となったゼミのOBOGたちから真野で学んだことの意味や感謝が語られ、古い写真をみては歓声をあげ…宴が盛り上がると、カラオケとダンスもはじまるといういかにも真野らしい光景は、OBOGたちにとっても懐かしくもうれしいひとときだったと思います。

Photo_21 Photo_22 Photo_23 Photo_24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

乾ゼミ生と真野まちづくり人との「ゴーヤパーティ」

立命館大学の乾 亨先生が、ゼミを持たれて何年になるのでしょうか。

真野地区をフィールドにする、真野班の卒業生だけでも50人以上になると思います。先般、岡田理恵さん、伊藤聡子さん、井上藍さんの仲良し3人組が「一度乾ゼミ真野班のOB会したいよね」というささやきを聞いて、早速「じゃあ、川原君が植えたゴーヤが実る頃、ゴーヤパーティをしようか」という話になりました。

今年65日に、まちづくり会館の西陽よけのために植えたゴーヤが見事に広いグリーンカーテンになりました。その上、立派なゴーヤがどんどん実っています。川原君や松田君が早速大きくなったものを収穫して、パーティのために冷蔵庫で保存しています。

Fs120605 120715

下記日時にゴーヤパーティを開きます。ゴーヤを収穫して、みんなで料理を作って、乾ゼミ真野班を通過していった仲間と真野の仲間の、大同窓会を企画しました。こぞってご参加ください。

日 時:729日(日)午後5時から

会 場:真野地域福祉センター

会 費:2000

Photo

ゴーヤ料理はもちろん、ソーメン、巻き寿司、他のつまみもあります、ゴーヤの嫌いな方もオーケーです。乾ゼミ真野班を卒業された方と真野同志会や各種団体のまちづくり人との同窓会です。乾ゼミOB以外の方も、全然オーケーですよ。参加される方は大歓迎です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

今年も盛り上がりました「講演とパーティーの夕べ」

真野同志会独自の行事でもあります「講演とパーティーの夕べ」が今年も開催されました。

今年の講師には香川県在住の料理アドバイザーをされています伊藤滋剛氏にお願いいたしました。

フランスの三ツ星レストランはじめ、世界中で140ヵ所以上のレストランで料理を作られてきたシェフということで料理の話を聞きたいと思い、今回講演をお願いいたしました。

今回は従来の講演とパーティーの夕べと趣向を変えてみまして、シェフである伊藤講師にパーティー用の料理をプロデュースしていただこうという事で、計画しました。

講演の数週間前に真野に来て真野同志会の会員の年齢層や諸々をカウンセリングして今回は真野同志会をイメージしたフレンチと和風のコラボレーションというコンセプトで作っていただきました。

講演の当日は伊藤シェフには昼から福祉センターに入ってもらい真野同志会のメンバーと仕込みを始めました。

09103101  09103102

いつもの真野地区の「男の料理教室」とは段取りが少々違っていましたが、皆さん野菜の仕込み等を真剣に取り掛かってくれました。というのも、講師の伊藤シェフは世界中で料理を作ってきた方なので同志会メンバーも緊張したのも無理なかったのでしょうか。

講演開始1時間前には1品目、2品目の料理の盛り付けを始めると、早く受付を済ませた方々が興味津々で厨房前に集まり、あっという間にギャラリーが出来ました。

09103111  09103112  09103113

「ホンマのフランス料理の盛り付けはすごいなあ」「真野ではこんなん、お目にかかる事なんか無いなあ」等々色々な声が聞こえてきました。

立命館大学の乾ゼミの学生達も写真を撮ったり、フレンチの盛り付けに釘付けになっていました。

午後6時半にスタートしました。 総合司会は大森広報部長が会の流れを説明し、片山会長の挨拶の中で、この度新しく作られた「真野同志会の会旗」のお披露目を行いました。 来年30年の節目を迎える真野同志会の会合にはこの旗が必ず出迎えてくれますので、今後ともよろしくお願いいたします。

09103103

従来とプログラムを変えて先に食事からスタートして、最後に料理を作り終えたシェフに講演をしていただき、来場者から色々な質問をいただきました。

伊藤シェフはこの日が誕生日ということもあり、神戸のケーキでサプライズのお祝いをいたしました。

09103109  09103110

また今回、クラリネット奏者の吉都紀(きつき)昭二氏にサプライズで来ていただき、ジャズの生演奏でパーティーを盛り上げていただきました。

09103107  09103108

当初は、真野の皆さんに満足していただけるかなと心配しましたが料理の質、量も申し分ないぐらいありまして講演に参加された方々からも「ありがとう!美味しかった!」と言っていただきひとまず安心しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)