« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月27日 (土)

万葉講演会のご案内

2010年3月に尻池街園に「万葉歌碑」が建立されたのを記念して毎年文化の日の前後で「万葉講演会」を開催しております。
今年も11月11日に講演会を開催することとなりましたのでご案内いたします。
講師は今年も万葉三金会の黒川行信先生にお越しいただきお話していただきます。
黒川先生のお話はとてもわかりやすく、今回の講演会も楽しみにしている住民が多くいらっしゃいます。

Photo

日時:平成24年11月11日(日) AM10:00~PM12:00
場所:真野地域福祉センター
入場無料

※皆様お誘い合わせのうえたくさんのご参加をお待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真野小学校音楽会

今年の真野小学校の音楽会が11月3日(土)に開催されます。
時間は10:00~11:45です。

まちづくり会館にプログラムが届けられました。

121027ongakukai

見ましたら運動会のプログラムと同じように一枚一枚に子どもたちからのメッセージが書き込まれていました。
子どもたちが一生懸命練習しました歌や合奏を多くの皆さんに見ていただけたらと思います。

プログラムに校長先生からのメッセージがありましたのでご紹介いたします。

真野の空と大地に秋がやってきました。
拍をきざみ、思いをのせた子どもたちの歌や合奏が季節に彩りを添えています。
あの子もこの子も奏でる喜び、響きあう素晴しさを全身で表現します。
ぜひともご来場いただき、皆様の温かいお励ましをいただきたく、ここにご案内申し上げます。
平成24年10月吉日
神戸市立真野小学校長 祝迫 治雄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月26日 (金)

講演とパーティーの夕べが開催されました

10月20日、真野地域福祉センターにて、真野同志会主催の「講演とパーティーの夕べ」が今年も開催されました。

121020kouen

今年の講師は、長田区長の大下勝様に講演をお願いいたしました。
長田区行政の長として真野や他の地区の良い面や今後の課題等々分かりやすくお話していただきました。

区長が思われている「まちのちから」ということで「コミュニティのしっかりしている」ということを挙げられていました。
コミュニティのしっかりしている点とは、
1.地域の行事が多い
2.仕切り役が存在している
3.各自が役割を持っている
4.女性の協力が多い
5.高齢の方が多い
ということを挙げられていました。
よく考えたら我々真野同志会はすべて当てはまりますね(笑)

また真野地区としての「まちのちから」として
1.問題解決で住民運動を展開する
2.意識的な世代交代
3.他から住民以外の団体の受け入れ(ゼミ生等)
4.震災対策の意識
5.地域をよく知っているコンサルタントがいる
6.企業との連携
を挙げられていました。

そして長田区全体の要望としては、保険や福祉もしっかりした上で若い人たちにも来てもらえるように、鉄人やポップカルチャー、そしてダンスBOXを取り入れて、にぎわいのあるまちづくりを目指したいと締められました。

後半の懇親会は区長も講演が終わった後でしたのでいつもの(?)酒の量になられたのかどうか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

巨人リーグ優勝祝勝会

 昨日、10月6日(土)夕刻から、巨人リーグ優勝祝勝会を福祉センターで開催しました。これは、昔の阪神みたいな「ダメ虎」になった今年の阪神の不甲斐なさに怒ったトラキチたちが、こともあろうに巨人フアンの数人に「祝勝会」をしろ!とたきつけたのです。

Photo Photo_2
 巨人フアンを豪語する、和田かんさんが、男気を出して、同志会の巨人フアン数人に声をかけて実現しました。参加者の約半分は阪神フアンという異様な状況でした。阪神きちがいのA婦人が「タイガース応援歌」を歌うと全員合唱になっていました。真野地区では、三原代表も巨人フアンなのですね。「巨人の応援歌」を歌っていました。
 また、当日は東日本被災地へボランティアで入っている、山形大学や東北芸工大の学生さんが8人も飛び入り参加され、巨人フアン、阪神フアンも大喜びでした。

Photo_3  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「KAPLA(カプラ)であそぼう」

本日、真野小学校・体育館で「KAPLA(カプラ)であそぼう」という催しが行われました。

12100701

これは青少協の事業の一つとして開催されました。
以前のブログに「KAPLA(カプラ)」とは?と書きましたが、あらためてKAPLAとは、フランスで生まれた、1:3:15の比率の天然白木の板を組み合わせていろいろなものを作っていくという積み木の遊びです。
早速体育館を覗きましたら小学生の児童と長田中学校の生徒の方が製作に取り組んでいました。

12100702

小学生の児童は高さよりも幅広い作品に、そして中学生となると高さにチャレンジといった作品が見られました。

12100705

中には小学生の女の子も1メートル以上の作品を慎重にこしらえていたりと、みんなそれぞれの感性を出していました。

12100703

12100704

体育館の西端には「ナイアガラの滝」と題した作品を中学生が交代で製作していました。

12100706

12100707

12100708

かなりの大作ですが、ドミノ倒しのように一つ倒れると「総崩れ」になる緊張感があり、何度かの失敗をして、ついに完成したときには圧巻でした。

12100709

催しも最終にはそれぞれ製作した作品を崩して「後片付け」でしたが、製作に時間をかけたのに崩すのは一瞬ということで、ちょっとためらう子どももいたりしましたね。

12100710

体育館のような広くてフラットな場所は少ないから子どもたちや保護者の方も「童心」に帰って作品づくりに楽しまれたと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

ちょっとボランティアのお知らせ

真野地区にお住まいの高齢者の方を対象にして大型ごみの回収のお手伝いを行います。
実施日は平成24年10月27日(土) 午前10時からです。
サービス内容としましては大型ごみの回収作業を行います。(大型ごみシール券は、こちらでご用意いたします。
ごみの廃棄料金(神戸市環境局)は各自でご負担ください。
申し込み先は10月20日締め切りとし、下記ファイルの申込書をダウンロードして記入後「まちづくり会館」へ申し込んでください。
なお、各自治会長に申し込んでいただいても結構です。
住民の皆様で、ご近所のご高齢の方がいらっしゃいましたら是非ともお声掛けしていただけたらと思います。

「cyobora.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

KAPLA(カプラ)であそぼう

10月7日(日)に青少協の事業としまして、真野小学校におきまして「KA

PLA(カプラ)であそぼう」という催しを開催いたします。

Tumikikaplasamw480

KAPLAとは、フランスで生まれた、1:3:15の比率の天然白木の板を組み合わせていろいろなものを作っていくという遊びです。

14eef7ac

59159323

当日は1万ピースが用意されるということで、個人や家族で作るのもOK。
みんなで大作に挑戦するのもOKです。
子どもたちの豊かな想像力に期待したいです。

日時:平成24年10月7日(日) AM10:00~PM12:00
場所:真野小学校 体育館

※申し込みは終了いたしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »