« ふれあい盆踊り | トップページ | ワケトンサポーター 何それ? »

2009年8月 2日 (日)

真野地区に「万葉歌碑建立」の夢が!

青天の

霹靂

(

へきれき

)

、私たちのまち真野地区に「万葉歌碑」を建ててあげようという話が舞い込みました。ありがたいことです。真野のまちづくり狂祖が、真野地区文化遺産第1号として「苅藻大気観測所」を提案・保存できたのが数年前。この話が実現すると文化遺産第2号になります。

万葉研究 三金会 歌碑準備の加納由紀夫様から、長田区に「万葉歌碑寄贈趣意書」が届けられました。その趣意書から要点を抜粋しましょう。

「私たちは黒川行信先生を中心に長年万葉の勉強をしてまいりました。ご存じのように万葉集の中に神戸の地で読まれたものが多数あります。歌碑になっているものは、垂水平磯緑地「万葉歌碑の道」に須磨、垂水、明石にまつわる歌が6基。乙女塚にも2期。敏馬神社に3基あります。有馬にもあります。歌としては長田区真野に高市連黒人が読んだ「いざこども  大和へ早く 白菅の 真野の榛原 手折りて行かむ」(巻き3-280)があります。私たちは万葉の伝承のために真野地区に黒人の歌碑を建てたいと考えています。」

 と書いておられます。最後に「来年が万葉集の最後の歌が読まれてちょうど1200年です。来春頃に出来ればと考えています。」と建立時期も具体的にご提案いただいておりますので、早急にまちづくりで検討し建立場所も決定しお返事をさしあげようと思っています。

Photo

歌碑にされる歌のなかに「榛原」(ハンノキ)が出てきますが、湿原や沼沢地に生育する高木で、日本全国に分布しています。都市化した真野地区では探してみないと分かりませんが、ごく平凡な樹木で、特徴的なのは写真のように7センチぐらいの垂れ下った花をもつことです。出来れば歌碑も榛の木がある場所が最高なのですが。 (M・S)         Photo_3 Photo_2

|

« ふれあい盆踊り | トップページ | ワケトンサポーター 何それ? »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真野地区に「万葉歌碑建立」の夢が!:

« ふれあい盆踊り | トップページ | ワケトンサポーター 何それ? »